第77話あらすじ (2010.11.10)

『女の友情』

駅前でランチをして帰宅するかあさんとふみ。だが道すがら、ふみはお腹が痛くなってしまう。なんとか家までがまんしなさい!と、かあさんは子供の頃の自分のトイレがまん体験談を話し出す。

脚本:ハラダ サヤカ
絵コンテ:工藤 寛顕
演出:工藤 寛顕・An Jai Ho
作画監督:Yang Ji Hye

『おしゃべり』

一人でお風呂に入ると言い出す文治。ちょっとはお兄さんになってきたのかな?と感心するかあさんだったが、どうもきちんと温まっていない様子。不思議に思い、ある日お風呂場を覗いてみたら・・・。

脚本:ハラダ サヤカ
絵コンテ:工藤 寛顕
演出:工藤 寛顕・An Jai Ho
作画監督:Yang Ji Hye

『お風呂』

一人でお風呂に入ると言い出す文治。ちょっとはお兄さんになってきたのかな?と感心するかあさんだったが、どうもきちんと温まっていない様子。不思議に思い、ある日お風呂場を覗いてみたら・・・。

脚本:ハラダ サヤカ
絵コンテ:工藤 寛顕
演出:工藤 寛顕・An Jai Ho
作画監督:Yang Ji Hye

『おこりんぼかあさん』

突然の夕立で、慌てて洗濯物をとりこむかあさんは、ちっとも手伝ってくれないとうさんや文治、ふみに、つい激しい怒りをぶつけてしまう。

脚本:ハラダ サヤカ
絵コンテ:工藤 寛顕
演出:工藤 寛顕・An Jai Ho
作画監督:Yang Ji Hye