第75話あらすじ (2010.10.20)

『ちょいワル』

近所の男子小学生の憧れの的・ちょいワル6年生の大河くん。文治もすっかり大河くんに夢中。大河くんと遊んで帰ってきたら、すっかり態度も口調もちょいワル風味になっている。

脚本:高橋 ナツコ
絵コンテ:片貝 慎
演出:牧野 吉高・Nam Jong Sik
作画監督:Yang Ji Hye

『できる男』

今日も文治を怒鳴りつけるかあさんの元に、ゆとり教育の精霊が現れる。実は文治はやればできるし、さらにはやる気にさせる奥の手があるというが・・・。

脚本:高橋 ナツコ
絵コンテ:片貝 慎
演出:牧野 吉高・Nam Jong Sik
作画監督:Yang Ji Hye

『ぷりぷり』

母親はみんなそれぞれ、我が子への秘密の愛着がある。かあさんはふみのお腹とお尻のぷりぷり感が大好きで、なでなでしては悶絶するのだった。

脚本:高橋 ナツコ
絵コンテ:片貝 慎
演出:牧野 吉高・Nam Jong Sik
作画監督:Yang Ji Hye

『遺伝』

料理の食材をめぐり、かあさんとふみはにらみ合い。そこへ文治がやってきて、下半身丸出しで踊りながら仲裁に入る。そんな文治の姿は、とうさんによく似ていて・・・。

脚本:高橋 ナツコ
絵コンテ:片貝 慎
演出:牧野 吉高・Nam Jong Sik
作画監督:Yang Ji Hye