第30話あらすじ (2009.11.11)

『読書時間』

本に全く興味を示さない文治に、どうしたものかと悩んでいたかあさん。そんなある日、文治のあまりの計算の出来なさに驚き、100マス計算をはじめさせようとする。すると文治が…。

脚本:竹内 利光
絵コンテ:前田 こうせい
演出:工藤 寛顕
作画監督:西野 理恵

『漢字』

文治が漢字テストで90点をとってきた!喜びに沸く鴨原家。かあさんは、文治が唯一間違えた答えを教えようとするが間違っており、とうさんから漢字特訓を命じられる。

脚本:竹内 利光
絵コンテ:前田 こうせい
演出:工藤 寛顕
作画監督:山内 昇寿郎

『心のサイン』

ベッドの下に隠れて出てこないふみ。かあさんは「単にムシの居所が悪いだけ」と思っているのだが、とうさんは「あれはふみの心のサインだ!」と大騒ぎをはじめる。

脚本:竹内 利光
絵コンテ:前田 こうせい
演出:工藤 寛顕
作画監督:アベ 正己

『おつかい』

ふみととうさんの2人はおつかいでスーパーにやってきた。とうさんはふみの心のサインを読み取ろうとしつつも、ワインの試飲コーナーで酔っ払ってしまう。するとふみがポツリと語りだした。

脚本:竹内 利光
絵コンテ:前田 こうせい
演出:工藤 寛顕
作画監督:アベ 正己