第141話あらすじ (2012.03.18)

『男が生まれた日』

今よりちょっと昔、ぶんじが生まれた日の話。病室に駆けつけるとうさんだが、先々で困った人々に出くわす。これから父親になる身として、目の前の困っている人を見捨てることができないとうさんは…。

脚本:竹内 利光
絵コンテ:前田 こうせい・Park Byoung Soon・Park Chi Man
演出:篠 幸裕・Han Young Hoon
作画監督:今野 淑子・Shin Sung Min

『男のハンバーグ』

とうさんが「男のハンバーグ」を作ると言い出す。これはとうさんがかつてアルバイトをしていた店で伝授された、女・子供には決して手出しのできない究極のレシピなのだ!

脚本:竹内 利光
絵コンテ:前田 こうせい・Park Byoung Soon・Park Chi Man
演出:篠 幸裕・Han Young Hoon
作画監督:今野 淑子・Shin Sung Min

『男のヒミツ』

ぶんじが友達たちと部屋にこもっている。ふととうさんが覗いてみると、何と「女性ポーズ集」「裸婦デッサン」などの本をみんなで見ていた!焦ったとうさんは、この秘密は絶対に守ってやる!と誓う。

脚本:竹内 利光
絵コンテ:前田 こうせい・Park Byoung Soon・Park Chi Man
演出:篠 幸裕・Han Young Hoon
作画監督:今野 淑子・Shin Sung Min

『学校を休んだ日』

かあさんは幼い頃、よく仮病で学校を休んだ。そんな時、決まって母親がすりりんごを作ってくれた。今思えばあのおいしさの半分は、いつもより母親に優しくしてもらえるうれしさだったのかも…。

脚本:竹内 利光
絵コンテ:前田 こうせい・Park Byoung Soon・Park Chi Man
演出:篠 幸裕・Han Young Hoon
作画監督:今野 淑子・Shin Sung Min