第111話あらすじ (2011.08.14)

『かえり道』

学校からの帰り道。文治はふとしたはずみで「あと20数えるまでに犬を見つけなかったら、地球がなくなっちゃう!」と思いついてしまい、焦る!

脚本:本郷 みつる
絵コンテ:本郷 みつる・Park Byoung Soon・Park Chi Man
演出:本郷 みつる・Kim Sang Yeop
作画監督:西野 理恵・Shim Sung Min

『精霊の精励』

ここは精霊たちの世界。早期教育党と、情操教育党が激しい政権争いを繰り広げていた。両党首はゆとり教育の精霊の取り込みを図るが・・・。

脚本:本郷 みつる
絵コンテ:本郷 みつる・Park Byoung Soon・Park Chi Man
演出:本郷 みつる・Kim Sang Yeop
作画監督:西野 理恵・Shim Sung Min

『幸せになりたい』

今日も夜遅くまで、かあさんの原稿のあがりを待っている、担当編集者の水沼くん。そこへとうさんがやってきて、仕事のことや家族のことなど、男2人で語り明かすのだった・・・。

脚本:本郷 みつる
絵コンテ:本郷 みつる・Park Byoung Soon・Park Chi Man
演出:本郷 みつる・Kim Sang Yeop
作画監督:西野 理恵・Shim Sung Min

『ごきげん』

今日のふみは不機嫌。しかし実は、朝着替えている最中に、かあさんから「なんだか今日は不機嫌ね」と、勝手に決め付けられてしまったから、仕方なく不機嫌にしているだけだった。

脚本:本郷 みつる
絵コンテ:本郷 みつる・Park Byoung Soon・Park Chi Man
演出:本郷 みつる・Kim Sang Yeop
作画監督:西野 理恵・Shim Sung Min