第102話あらすじ (2011.06.12)

『フリマ』

フリーマーケットに出店した鴨原家。計算が苦手でまともに会計ができない文治に対して、しっかり者のふみは・・・。

脚本:竹内 利光
絵コンテ:前田 こうせい・Park Chan Young・Sung Won Yong
演出:工藤 寛顕・Kim Sang Yeop
作画監督:今野淑子・Song Seung Tek

『フリフリママ』

フリーマーケットの鴨原家の店に置かれた木彫りの人形。以前とうさんがどこかの国で買ってきたものだが、不気味さゆえ誰も買おうとしない。そんな中その人形をじっと見つめる少年が・・・。

脚本:竹内 利光
絵コンテ:前田 こうせい・Park Chan Young・Sung Won Yong
演出:工藤 寛顕・Kim Sang Yeop
作画監督:今野淑子・Song Seung Tek

『かあさんの逆襲』

文治の教科書の音読に付き合うかあさんのもとに、早期教育の精霊が現れる。ふと放った精霊の言葉に漢字の読み間違いがあったため、かあさんはそれをネタに反撃を開始する。

脚本:竹内 利光
絵コンテ:前田 こうせい・Park Chan Young・Sung Won Yong
演出:工藤 寛顕・Kim Sang Yeop
作画監督:尾鷲英俊・Song Seung Tek

『とうさんの休日』

留守番を任されたとうさんは、ビールを飲んでのんびりしたいが、あいにくビールがない。そこでスーパーに行くが、店員とのまどろっこしいやりとりにイライラが募る・・・。

脚本:竹内 利光
絵コンテ:前田 こうせい・Park Chan Young・Sung Won Yong
演出:工藤 寛顕・Kim Sang Yeop
作画監督:星野浩一・Song Seung Tek