第101話あらすじ (2011.06.05)

『ぴにゃり333』

鉱山の中で、ツルハシをふるい、トロッコを押す作業中のぴにゃりくんたち。そこに突如、落盤事故が発生!地下深く閉じ込められた333人のぴにゃりくんたちの運命は?

脚本:岸間 信明
絵コンテ:須間 雅人・Park Byoung Soon・Park Chi Man
演出:牧野 吉高・Jun Byung Chul
作画監督:尾鷲 英俊・Shin Sung Min

『ぶり屋さん』

保育園の学芸会で「ぶり屋さん」の役をやることになったふみ。やるからにはアンジェリーナ・ジョリーにも負けないと豪語し、練習に励む。

脚本:岸間 信明
絵コンテ:須間 雅人・Park Byoung Soon・Park Chi Man
演出:牧野 吉高・Jun Byung Chul
作画監督:尾鷲 英俊・Shin Sung Min

『とうさんの出番』

鴨原家のDVDが故障した模様。とうさんが調べると、リモコンの電池がきれているだけだった。こういうことはおれに任せろ!とすっかり上機嫌のとうさん。そんなある日・・・。

脚本:岸間 信明
絵コンテ:須間 雅人・Park Byoung Soon・Park Chi Man
演出:牧野 吉高・Jun Byung Chul
作画監督:尾鷲 英俊・Shin Sung Min

『アソちゃんとぼく』

ふとしたきっかけで、仲良しのまあくん、ちーくん、大地くんと気まずくなってしまった文治。イマジナリー・フレンドのアソちゃんと腹を割って話し合うのだが・・・。

脚本:岸間 信明
絵コンテ:須間 雅人・Park Byoung Soon・Park Chi Man
演出:牧野 吉高・Jun Byung Chul
作画監督:尾鷲 英俊・Shin Sung Min